やさしくて美味しくて楽しい隣国、台湾。

台湾の魅力に虜になった1人です。昨年4月、仕事の関係で台湾を訪れました。初めての台湾、それも2週間の長期出張で、格安ホテルに宿泊しながら台湾を満喫してきました。
台北市街へは2つの空港を利用できます。新しくて大きな桃園空港(市街地へは車で50分ほど)と、小さいが近い(車で15分ほど)の松山空港。私は桃園に着陸したので台北市内まではバスと地下鉄を乗り継ぎ向かいました。決して便利ではありませんが、とにかく台湾の方は全員優しい。大きいスーツケースを気遣い、道に迷っていると声をかけてくださり、多くの方が親日家。この世の中にまだこんなに優しい人がいたんだと、心洗われる思いでした。

台湾へ格安旅行に行こうと思った際に見るサイト!


台北市内では友星大飯店という格安ホテルに滞在しました。4人部屋でしたが計算すると1泊1人1500円、朝食バイキング付きです。お粥、おかず、トースト、コーヒー、果物、といった簡単なものでしたが、女性が食べるには十分な量です。お粥は胃にやさしく、そしてここでも台湾の方の優しさに触れました。4人なのでなかなかテーブルが空いていないと、ここに座りなさい、私はもう食べ終わるから、と、席を譲ってくれるのです。もちろん言葉はわかりませんが、謝謝、だけは即座に覚えました。
観光名所は数限りなくありますが、一番感動したのは九?です。千と千尋の神隠しのモデルとなった街、狭い入り組んだ通路が丘のあちこちに伸びている街です。私は昼に行ったのでとても見晴らしが良かったのですが、夜の幻影的な風景も素晴らしいそうです。
台北市内からは特急で1時間。そこからバスで30分。決して近くはありませんが、1時間に2本しかない電車に台北駅で飛び乗ったのも良い思い出です。
台湾の方は自宅でご飯を作る習慣がないそうで、いたるところに食事を提供するお店があります。そこで食べるもよし、持って帰るもよし。もちろん、鼎泰豊のようなきちんとしたレストランも、持ち帰りオッケー。箱につめて持たせてくれるのには感動しました。
そして、とにかく安い!水ギョウザを2人前頼んで、2人で200円でした。そして、空芯菜の美味しいこと!緑の色が濃いのです。帰国してからあちこちであの空芯菜を探すのですが、いまだに出会うことはありません。
衣類もとにかく安い。台北地下街での楽しいショッピングも忘れられません。
2週間、現地の方と共に過ごした台湾旅行。一生忘れられません、本当に楽しかったです。